『リングフィット』でダイエット!本当に痩せるの?何日で効果が出るの?徹底検証!!

ごきげんよう。二苦こぼれ(@kbr_nk)です。
2020年に話題になりましたNintendo Switchソフトの『リングフィットアドベンチャー』
SNS上でも「楽しい!」「痩せる!」と話題になっていますね。

おいおい、お前ら……そんな安易こと言っちゃっていいのか?って思いながら秒で買ったデブがわたしです。

今回は、その評判が事実なのかを身を持って検証していく。

目次

Nintendo Switchソフト『リングフィット アドベンチャー』

『リングフィット アドベンチャー』は、付属の周辺機器である「リングコン」と「レッグバンド」を装着し、全身で運動しながら世界を救う冒険をするアドベンチャーゲームです。
1日30分のトレーニングで、クリアするのに約3ヶ月を目安に作られている結構ガチめ全開のゲーム。
あまりにガチ過ぎてカレンダー5回くらい見直した。
クリアするのに3ヶ月ですって、奥さん。
さすがは『リングフィット』……俺たちのゲームの常識を覆してくる、そこに痺れる憧れるゥゥ

主に筋力トレーニングがメインで、プレイが続くにつれてトレーニング内容もハードになっていきます。
ジョギングでフィールドを駆け巡り、敵に遭遇したら己の筋肉パワーで倒す。
ゲームの中にしっかりとした世界観があり、ストーリーは大人も子どもも楽しめる仕様とのこと。

世のマッチョ勢から大変好評と聞いております。
わたしがマッチョになったら、ブログ名変えなきゃいけないなって思いました。

怠惰なデブには持ってこいの『リングフィット アドベンチャー』

ひとまず、どんなもんかやってみた。

割ときつい。でも楽しい。

いやでもデブにはめっちゃきつい。

15分くらいで毛穴という毛穴から汗が噴き出る。
このままでは部屋が海になるという恐怖感を抱いたため、初日は15分で終了。

わたしの身体ステータスは155cm/72kgというわがままボディ。
BMI値は「肥満」の領域。圧倒的デブ。

初日の感想としては、きつかったけど続けられないことはない、という感じ。
ストーリーは確かに面白そう。
室内が海になるレベルで汗を掻いたことで、「わたしめっちゃ運動してるやん」という自己肯定感がMAXに。

一週間毎日やってみた

デブは総じて怠惰なものですが、一応毎日続けてみた。えらくない?
三日目くらいから汗をあまりかかなくなってきて、20~30分くらいプレイできるように!
最初は楽勝だった敵とのバトルも負けるようになってきて、闘争心がメラメラと沸き上がる。
……ごめん嘘。空のゲームソフトを床に叩き付けながらゲームの電源切ってます。
デブには20分くらいが丁度良いよ。敵に負けたらゲームも辞める。
つまりデブは5ヶ月くらいプレイしないとクリアできないね!

ストーリーとは別にカスタムモードなるものもやってみた。
カスタムモードっていうのは、自分の鍛えたい部位を指定できるというもの。
お腹中心、二の腕中心、脂肪燃焼などなど用途に合ったトレーニングを選択できる。
こっちはアニメ見ながらやるとすごく良い感じ。
「お兄様ぁぁぁっ」って身悶えしながらヤってます。

気になる結果

二苦こぼれ

えっ、これが……私?

体重は増えたけど何か細くなった、気がする。

いやいやいやいや、妄想とかじゃないから!
ズボンとかするんって入るんだよ!するんっ……って!!!!!!
体重が増えたのはほら!脂肪より筋肉の方が重いっていうし!!?!?
つまりそういうことじゃんね!!!?そういうことだよ!!!!!!!

鏡で全身を見てみた。

ブラジャーとパンツが食い込む背中の肉と腹。
逞しい二の腕。フォルムは関脇と言ったところだろうか。
むだ毛がちょっと気になったがその辺はご愛嬌だろう。

うん、痩せてる。

痩せてるんだよ!!!!!!!!

こちとら転売価格で買ってるんだ!
本気なんだよ、このダイエットとやらに!

一週間でズボンがするんって入るの凄くない???
ちょっと真剣に考えてみて欲しい。
普段から履いていたズボンに、一週間で窮屈感を感じなくなる世界。
毎日が輝いて見える。朝日が眩しくて二度寝しちゃうくらいの爽快感。

続けようって思った。

デブに『リングフィット アドベンチャー』を勧める理由

デブって奴は、総じて怠惰な生き物だ。
食うし、寝るし、動かない。
自己肯定感は低く、デブである自分を呪いながらそれを周囲にまき散らしている。
ごめん、言い過ぎた。明るくてポジティヴなデブもいる。私みたいな?
しかしデブとは、やはり甘ったれが多い。
デブになる理由は様々なので、そこは触れない。人間には色んな事情があり、自分もデブになった仕方がない理由とやらは存在する。
だが長い間デブで在り続けているというのは怠慢だ。自分でもそう思う。

痩せたいと言いながら食う。

それがデブの在り方だ。デブがデブである所以だ。

デブは食う割に動かない。
だが食べないのはデブだとかデブじゃないとか以前によろしくない。
人間には、生命に必要な摂取カロリーというものが存在する。

では動けと思うだろう?
私も思う。だが動けない。だってデブだから。
体が重いのだ。寝るのが大好きでできれば24時間オフトゥンにいたい。
出社もオフトゥンにして欲しい。

だが痩せたいと思う以上、このままじゃいけないのも分かっている。

本来なら食事と運動を両方改善させることができればいいが、デブにはやはり難しいのだ。
世の中には強靱な精神力を兼ね備えたデブも居て、ダイエットに成功するのはこういう人たち。
生憎とわたしの精神はゴムボール並みに柔らかいので、そういうのは無理である。
そしてわたしのような人達が圧倒的に多いのも事実だろう。事実だよね???

前置きがあまりにも長くなった。
デブに『リングフィット アドベンチャー』を勧める理由。

まずは、筋トレで新陳代謝を高めよう。

体重の増減は二の次でいい。(大事なのは見た目)
食事も何なら今のままでいい(一応言っておくが増やしはするな?)

わたしたちに必要なのは、新陳代謝の改善だ。

ダイエットを目指すデブに新陳代謝とはなんぞやとか今更言わない。
知らないデブはggrks。

怠惰な生活をしてきた自分たちである。
わたしたちに本来備わっている新陳代謝は劣化していると思っていい。

まずはそこを改善しないと、食事制限とかしても辛いだけだというのが、毎年の抱負に「痩せる」を掲げているわたしの結論である。

その中で、筋トレは筋トレでもゲームを勧めるのは、やはりただの筋トレなんてつまらない作業をやる精神力はデブに備わっていないからだ。そんなものが備わってるならとっくに痩せてる。
「筋トレしてる」という感覚と、「ゲームしてる」という感覚は違うものだ。
内容は同じなはずなのに、後者の方が圧倒的にハードルが低い。

あと『リングフィット アドベンチャー』には、ゲーム内にミブリさんというサポーターがついている。
この人は日々、わたしたちに画面の向こうから語りかけてくれる。
一緒にストレッチをしてくれたり、時には励まし、慰めてくれる。
櫻井孝宏辺りで脳内再生すると非常に良い。
咽び泣きながら「がんばります……っ」って口に出してる。心の病気かもしれない。

・デブに必要なのは体内改善(新陳代謝)
・食事制限は二の次
・体重の増減より見た目
・運動をゲームですることで、運動に対するハードルを下げる
・櫻井孝宏は神

最後に

わたしが『リングフィット アドベンチャー』を購入したのは2020年12月初旬である。
一応18日間継続したが、仕事納めに入り、年末年始を実家で過ごしたデブの行く末など、同じデブなら推して測ることができるだろう。
仕事始めがあってすぐに成人式を挟んだ三連休の始まり。
そう、デブは油断するとすぐにデブの生活に戻る。
今では体重も見た目も元通り……なんなら正月太りでパワーアップしたわたしである。

なのでこれから、改めて『リングフィット 日記』をつけていこうと思う。

ブログで公開することによって長期の継続を狙いたい。
一体どれだけ継続すれば痩せるのか……身を持って検証していこう。

俺たちの戦いはここからだッ!!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる